RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
最高の人生の見つけ方
ストーリー
億万長者ながら傲慢で心を許せる友人もいない実業家エドワードと、家族を愛するがゆえに大学をあきらめ、生活のため働き続けてきた自動車整備士のカー ター。正反対の2人は、偶然同じ病室に入院し、そろって余命半年の宣告を受けることになった。あるとき、カーターが残りの人生でやりたいことを記した“棺 桶リスト”を目にしたエドワードは、そのアイデアに乗り、2人でやりたいことをやり尽くすための人生最後の旅へと出発する。

解説
天声人語風
「ガンはやさしい病気」先日お亡くなりになった作家の栗本 薫さんが乳がんの告知を受けて書いた。『ガン病棟のピーターラビット』の中で、脳梗塞や心筋梗塞と違い、ガンは自分で死ぬ時期がわかり、悔いの残らない人生の最後を送れると書いている。
▼この『最高の人生の見つけ方』に出てくる二人は余命6ヶ月の宣告され、やり残したリストを手に旅に出かける。大きなテーマは幸せって何?自分の夢をす捨て家族のために働いてきた男と家族より自分の好きなことをやって大富豪になった男。二人共幸せではあったが、死を目の前にすると、心に大きな穴が開いていることに気付く。気ままな旅を品柄、その穴を埋めて本当の幸せを見つけるの出会った。
▼男の友情っていい。「丈夫なうちに出会いたかった」こんなことを言える友人があなたの周りにいますか?
author:ミッシェル, category:WOWOWで観た映画, 01:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:26
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://schlink.jugem.jp/trackback/2